参加のコツ

自助会で会う人というのは、病院の先生やカウンセラーさんと違い、自分たちと同じ悩みと苦しみを持つ人ですね。

病院の先生やカウンセラーさんは仕事ですから、ある程度患者さんに対峙する義務がありますが、自助会ではありません。

相手はあなたに忖度する義務もなければ、あなたも相手を忖度する義務がありません。

ここではだれが東大出ていても総理大臣であっても大金持ちであっても忖度する必要はありません。

「ふ〜ん、気を遣わず普段通りありのままに行けばいいんだな」

ここで勘違いしてあまり馴れ馴れしく接するのは好ましくありません。

忖度ではなく尊重が大事です。

心の病気を患うと承認欲求が強くなります。自分の苦しみを誰かにわかってほしいという願望が非常に強くなります。

泣きたい時は泣けることはすごく大事なことですね。

ただ泣きたいのはみんな泣きたいんですね。

自分が泣きたければ、相手にも泣かせてあげてください。

自分に対して正直で尊重できること、相手に対して正直で尊重できる意識が一番大事と思います。

そうしたら自分が誰よりも一番つらいから一番救われるべきとかいう比較論で物事や相手を見ずに、この会に参加することが自分も相手も楽になってくると思います。