残念ながら当会ではウォーキング終了までの間は、どんな理由があっても携帯電話・スマホの一切の使用を禁止させていただきます。

もちろん、ウォーキング終了後の個人的な会合つきあい等で連絡先交換などの目的で利用していただくのは一向に問題ございません。

ただ、ウォーキングのほんの2時間くらいは我慢していただくことを義務とさせていただきます。

それはなぜかと言いますと、一番の理由は、心の病は発症させる方の多くが、「今を生きていない」方が多いからですね。

過去の後悔や未来への不安と恐怖に怯え、「今が見えていない」「今を見てない」方が多いからですね。

目の前の人としゃべっているのに「うわの空」だったり「死ぬこと」を考えたり、テレビを観ながらゴハンを食べてテレビの内容もゴハンの味もすべて「うわの空」で集中力が乏しくなっている経験はございませんか?

現代社会においてスマホ、テレビ、ネット、メディアは必要不可欠な部分もあります

しかし、心の病を治したければ「今を生きて、今を感じて、今を見る」必要があります。

現実はあまりにも厳しく、つらくて、苦しいのですが、「ここではだれも自分に厳しく、つらくて、苦しいことは言わないし、強制しない」と信じて、ここだけでは意識して目の前の人に集中していただけますと幸いであります。

この会での2時間ぐらいは我慢できると信じて御参加ください。

どうしてもスマホなどに逃げたくてしんどければ、歩きながら「太陽を感じ」「空気を感じ」「緑を感じ」「土を感じ」「空を感じ」「温度を感じ」「歩く自分を感じ」「一緒に歩く人を感じ」ることに視線を移して「今を生きている」ことに集中すれば「逃げ場はなんて多いのだろう」と感じていただけるはずだと思います。

ですが、どうしてもしんどくなったら無理は御無用です。

しんどい時はしんどいと言って無理を言う人はどこにもいません。

何よりもまず、しんどい時にしんどいと言える場所があることが一番何よりも大事ですもんね。

余談ですが、アメリカの最新の対人関係の研究実験で現在一番対人関係を壊すのに効果が高いのは「スマホのチラ見」らしいです。
人と喫茶店に行ってテーブルの上にスマホを置いておくだけでも同程度の効果があったらしいです・・・。

こういった側面もあるので、とりあえず表面上は禁止にさせていただきますね。