●作りたいのは、どんな内容のグループ?

おそろいの衣装を着て、一人一人が大太鼓を演奏しながら、決まりのダンスをしながら、通りを行進していくグループを作ってみたいと思っています。

一番イメージに近いのは下記映像のコロンビアのグループの感じです。

これに日本の和のテイストを付け加えたら、すごく楽しいんじゃないかとイメージしています。

音と振り付けはかなり洗練されているので、最悪そのままコピーしてもいいくらいと思っています。

●これって何?

日本人に有名なブラジルのサンバ・カーニバルをイメージしていただけると早いです。

これは音楽としてはBatucada(バチュカーダ)というジャンルで、管楽器や弦楽器がなく打楽器のみで編成されています。

これに踊りを加えたもので有名なのはマイケル・ジャクソンの曲「Don’t Care About Us」のミュージックビデオで共演した「OLODUM」というブラジルのグループです。

▽マイケル・ジャクソン「Don’t Care About Us」の映像

▽「OLODUM」の映像

●今思っている一番上の映像のグループとの違いは?

1・参加の垣根を低くするために、楽器となる太鼓は、自分で45リットルポリバケツの底をくり抜き、テープを貼る自作のものを使うスタイル
作り方は下記画像のようにyoutubeやサイトでレクチャー
(安ければ総計2000円以内で出来そうだし、結構音量は出る)
(太鼓の見た目は、色を貼ったり塗ったりして格好良く統一させる)

2・女性は全員統一の色のロングヘアー

長い髪を同じタイミングで振り乱して踊るのは非常に見た目が効果的と思われます。アマゾンなどで1300円くらいで売っています。

この髪を元に、紅白の長い髪を振り回す日本の歌舞伎の「連獅子」のイメージと擦り寄らせていっても面白いかもしれません。
「連獅子」の内容は、トランス状態も含まれているので、このグループの演奏と踊りで恍惚になるのをめざす趣旨にもピッタシです。
ただ男性が白の長いカツラをつけるのは、あまり格好良くなさそうですね。
白のタオルかサラシを頭に巻くのも一案。

3・日本を感じさせる衣装(シンプル)

なんらかのデザインの日本を感じさせる衣装を表現したいが、よさこい祭りでよく見られるような色を多用したのは安臭くて好きではないです。
外国人や老人が見ても、しっくりくるシンプルなデザインがいいです。

●どこで発表?

今は開催されていませんが「御堂筋パレード」や「●●祭り」のようなイベント
もしくはコチラから特定の日に、通行許可をとって祭り自体を主催する。

●どうやってドラムと踊りを練習して覚えるのか?

基礎の部分はグループが作成したレッスンビデオをyoutubeで見て自宅で練習して覚えてもらう。
合わせ練習は、市民会館等の公共の会議室などを借りるか、工場等の休業日などを利用交渉するなど。
自宅練習のみで、当日初参加も可能なスタイルをとる。
もちろんパレードの前列は、直接練習に参加している人が優先。
直接練習に参加できない人は、スマホでとった練習風景を送ってもらい、グループのエキスパートがチェックして、修正を加えていく。

●コンセプトは?

1・固定の少数の人間だけを目立たせる演出は避ける。出演する「すべての人がスター」であることが基本

2・自由奔放なブラジルスタイルではなく、決められたことや揃えることが得意な「日本人の特性」を活かす

3・限りなく「参加の垣根」を低く設定する。当然、老若男女、子供も大人も身障者も老人も気軽に入っていけるスタイルを取る。親子参加も大歓迎とする。

4・バケツドラムも自作していただいたり、衣装も含め「金銭的垣根」を低く設定する。

5・「笑顔」をコンセプトにする。クールな感じはいいが、イキった感じは歓迎しない。

6・直接練習参加なく「当日初めての参加」でビッタシ息が合うことも出来るシステムを作る。

7・日本の都市部で育った人たちに多いと思われる「祭り」に餓えている人々の欲求を満たす

●作りたい理由

なんでもネットの時代だけど、やっぱり人と直接会う趣味を持ちたい。

音楽が好きで、聞くだけじゃ物足りず、ベース・ギター・カラオケとか試してきてみたけど、発表する場もそうそうないし、自分自身が逆の立場で素人の知らない人の演奏なんて全然興味がわかないし、聞きたくもない。

しかし、人と同じ音楽とダンスを共有してみたい気持ちが抑えられなくなった次第です。
これだと、「ぜひ見てみたい気持ち」「ぜひ参加してやってみたい気持ち」が両方あることに気づきました。

●初期メンバーの集め方

ジモティーを活用しようと思います。

まずは最低限、ダンスとドラムのエキスパートである先生が必要です。

私はとりあえず運営、撮影、WEB広報、サイト作成をします。

どういうグループにしていくかなどの話し合いなどはGoogle meetなどの「ウェブ会議」システムを利用させてもらう。

●グループ名

一案として「ワドラム」が候補。和のドラムという意味。
覚えやすくてコンセプトと合致していれば、なんでもいい。

●最終目標

早めの段階で200人以上の規模をやりたい

全国展開のグループにしたい