最近、電話一本だけで、猫の命を救った気になっている方が多く、困惑する事例が多くございます。

命を救うにも責任が問われます
命に対して最後まで責任を持てないなら、最初から手を出さないでください。

「QOL南大阪保護猫シェルター」では、ただ「野良猫だから」「かわいそうだから」だけの理由で、無条件で「保護」「引き取り」は行っておりません。
当シェルターは、現在運営のすべては、個人の貯金の切り崩しでなされております上、当然上記のようなことを行い続けますと全くキリが無いことになってしまうからでございます。
猫の世話等を無視して、現在の最低限の医療と食事とトイレ代を最期まで看取って猫一匹の一生には、最低50万円はかかります。
もし、当シェルターに引き取ってほしい猫がおりました場合は、それをふまえた上で御連絡くださいませ。

●猫のシェルターでの引き取り

里親が見つかる可能性の高い子を2ヶ月までの子猫は出来る限り引き取らせていただいております。

●当シェルター基準に満たない感じの子とは?

「明らかに病気の子」「他の猫に感染する可能性のキャリアを持っている子」「高齢の子」「明らかに他の猫や人との生活が難しそうな子」

●引き取りの条件

決まりはありませんが「人的援助」または「金銭的援助」を必ずいただくことになります。

「金銭的援助」とは「里親が見つかるまでの医療費の一切」「里親が見つかりそうもない子は、その子の残りの人生でかかるであろう金額」が基本です。