最近、電話一本、メール一本だけで、猫の命を救った気になっている方が多く、困惑する事例が多くございます。

命を救うにも責任が問われます
命に対して最後まで責任を持てないなら、最初から手を出さないでください。

猫の世話等を無視して、現在の最低限の医療と食事とトイレ代を最期まで看取って猫一匹の一生には、最低の最低50万円、基本100万円はかかります。
「QOL南大阪保護猫シェルター」では、ただ「野良猫だから」「かわいそうだから」だけの理由で、無条件で「保護」「引き取り」は行っておりません。
当シェルターは公的機関ではなく、現在運営のすべては、個人の貯金の切り崩しでなされております上、当然上記のようなことを行い続けますと全くキリが無いことになってしまうからでございますことを御留意くださいませ。

●子猫のシェルターでの引き取り

里親が見つかる可能性の高い約2ヶ月までの子猫は出来る限り引き取らせていただいております。

●引き取りが出来ない子とは?

「他の猫に感染する可能性のキャリアを持っている子」「明らかに他の猫や人との生活が難しそうな子」

●子猫の引き取りに際して

引き取りの際、こちらからはあえて何も請求することはありませんが、子猫の場合、最低1匹1万円は気持ちだけでも置いていっていただけますと幸いです。

●大人猫の引き取りに際して

ある程度以上の大きさの子は保証金の形で最初にいただき、里親さんが見つかった時に経費を差し引いて返金させていただく形式を取らさせていただきたく存じます。

保証金1匹10万円(不妊手術済、ウイルス検査済、ワクチン済の場合)~50万円(なんらかの問題等がある場合)

たとえば約1ヶ月で里親さんが見つかった場合は、

【保証金10万円】-【引受金1万円】-【飼育料1日300円×30日=9000円】-【銀行振込手数料440円】=【返金額80560円】

里親さんが長期にわたり見つからなくても、保証金以上の請求はありません。
ただし、保証期間中に予期せぬ病気等で医療費がかかりました場合は、保証金から差し引かれます。
不妊手術がされていない大人猫に関しましては別途手術代等で20000円をちょうだいいたします。